お飾り は いつ 外す。 【正月飾り】会社に飾るときの正しい飾り方、飾る時期、外す時期とは? 正月飾りの基本知識を紹介

その3:鏡餅 神様に捧げる神聖な食べ物。

松の内が過ぎたら年賀状ではなくて「寒中見舞い」に替えます。

さらに、屋内で撮影された写真よりも 屋外で撮影された写真のほうが、 ピントが合っていて明るく 写っていることが多いようなので、 室内で撮影された写真だけでなく 屋外での写真も遺影の候補写真としても よいと思います。

大切なのは伝統的なお飾りの意味を知って自分がどう扱いたいかという一人一人の考え方。

そこで幕府は20日という日付を忌み嫌い、1月20日だった鏡開きの日を1月11日に変更したのがきっかけです。

新年が幸多い年になるように、大掃除で家中を清めたら、正月飾りを飾って年神様を迎える準備をしてくださいね。

どんど祭りで 小正月とされる1月15日には、多くの神社で『どんど祭り』『左義長』などと呼ばれるお焚き上げが行われます。

できるだけ故人がリラックスした表情をしている写真を選ぶ 以上が遺影選びのポイントです。

最近の遺影は背景に自然の風景や きれいな景色が映っていても そのまま 背景を変えずに遺影として 使用する場合もあるようですので、 背景に素敵な風景が映っている 写真がある場合はそれを故人の 遺影として使用してもいいと思います。

それから「どんど焼き」に合わせて下げるという地域もあります。

【門松】 お正月飾りの定番といえば、門松といっても過言ではない。

ところが江戸の時代に入って、3代将軍にあたる徳川家光が4月20日の日付になくなりました。

関西の鏡開きは1月15日です。

昔から一般のご家庭では、この方法も取り入れられてきました。

土を水や塩で清めてから、木をもやしその上にしめ飾りをのせて焼きます。

松の内が関東と関西で違うのはなぜ? それではここで、そもそもなぜ関東と関西で松の内の期間が異なってしまったのか? ということにふれておきます。 名古屋では、門松やしめ縄に関しては関東方面に合わせて、松の内を1月7日までとしている地域が多いようです。 特に違いが大きく表れるのが だるまですね。 1年間の幸せや健康長寿を願うものと考えられています。 しかし、1月7日までは「松の内」といって、年の初めにやってくる神様「年神様」はお正月飾りの中に宿っていると考えられているのでそれまでは飾っておきたいものです。 正月飾りは、なぜ飾る? 門松、しめ飾りといった、日本で親しまれている正月飾りは、お正月になって家庭に幸せを届けてくれる神様(年神様 としがみさま と言います)が分かりやすいように…と目印として玄関に飾るもの。
9