秘密 保持 契約 書。 公認会計士の秘密保持義務・守秘義務【秘密保持契約書の達人】

また、今すぐお問い合わせは以下の「電話番号(受付時間 9:00〜23:00)」にお電話いただくか、メールフォームによるお問い合わせも受付していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 秘密保持義務の例外に関する規定として定めておくべき点は主に以下の点です。 2 乙は、甲より提供を受けた秘密事項を厳重に管理し、保持する義務を負う。 このような事情から、日本公認会計士協会では、『公認会計士業務における情報セキュリティの指針』を策定しています。 この規定に違反した場合は、「二年以下の懲役又は百万円以下の罰金」が課されます(公認会計士法第52条)。 咲くやこの花法律事務所では、企業の情報漏洩対策を万全なものにするために、個別の事情を踏まえた実効的な秘密保持契約書の作成を企業の依頼を受けて行っております。 出身地:奈良県。
60 11