ベンチャー サポート 税理士 法人。 求人について

他の会社の2倍ほどの仕事量で他の会社の給料と同じかそれ以外しか貰えないので給料をもっとあげた方がいいと思っています 入社時の初任給の例 性別 入社時の年齢 入社前の経歴 初任給 一年後 男性 25歳 社会人3年 22万円/月 30万円/月 女性 31歳 会計事務所で2年 25万円/月 29万円/月 男性 28歳 税理士法人で5年 35万円/月 40万円/月 まとめ 転職先を決めるときに一番気になるのは、その会社がいわゆる「ブラック企業」ではないかどうか? だと思います
業務の理解度やお客様対応の慣れなど、先輩があなたの成長を段階的にチェックしていき、お客様対応のロールプレイングなど十分な準備をしてからのデビューとなるからです 文化系の僕からすると、「俺はボランチやったからオフィス運営は任せて」と言われても、例え話の意味がわかりません・・・ 従業員の数が多いと、活躍したくても埋もれてしまいませんか? 安心して下さい!優秀な人を見落とすようなもったいないことは絶対しません
実は、再応募で採用される方は意外と多いのです 無理なノルマ設定があるとか、パワハラ上司がいるとか入社してみないと判別できない要素も多いなかで、比較的客観的にブラック企業かどうかを判断しやすいのが残業時間や休日出勤の有無ということになります
資格があるから特別優遇があるわけでもなく、序列や肩書きのない公平な組織になっています どのような人を採用していますか? 採用基準はありますか? 明確に文章化された採用基準はありません
機械に仕事が奪われるのか?それともテクノロジーとして活用できるのか? それは、どれだけ「人」に向き合っているかどうかになるでしょう 確定申告以外にも、税理士は、クライアントに遺産の相続税が発生するときや、不動産を取得したときに税務書類を作ったり税務調査に立ち会ったりして納税制度を支えています
この流れの決算をこなすだけで、会計の能力は自然と高まることは間違いありません 業界でも異例の急成長をしてきました) さらに、税理士法人以外にも社会保険労務士法人・司法書士法人・行政書士法人・弁護士法人といった全5士業や相続部門も取り揃えることで、「年収1000万以上多数!他の事務所では真似できないビジネスモデル」を実現
まずはお気軽にご相談して下さい 事業展望: 会社を起業する人達にターゲットを絞っているため、他の会計事務所との差別化を図れていることから今後も需要は続く
32
あとは各スタッフごとに、自分の担当する顧問先の決算が多い月・少ない月というバラつきはあります 遅くまで残業しているスタッフを意欲的だとか、頑張っていると評価することはありません
高いサービスレベルが強み ベンチャーサポート税理士法人は、会社名が表しているように「起業家支援」に力を入れる税理士事務所です 残業についての考え方 まず弊社の残業の考え方をシンプルにお伝えすると「 同じ仕事量なら早く帰る人のほうが、能力も意欲も高いと評価する」というものです
私たちベンチャー支援税理士法人は、起業してから会社を安定軌道に乗せて、さらに成長して目標を達成したいという、「強い成長意欲のある経営者の方」と向き合って、成長を手助けすることに特化しています 意欲的な方は高く評価する一方で、そうではない人を切り捨てるのではなく一定の評価をして他社よりは好条件で安定して働けるようにする・・・ つまり、「それぞれの働き方が認められる」のがベンチャーサポートです
どれだけ言葉を並べても、それだけで伝わらないことはあります 今から入社される方であってもオフィスの代表税理士になれるチャンスを、常に公平に用意したいと考えています
もともと当社の創業者が人間関係の悪い事務所で働いてきたため、自分たちが作る会計事務所は「何があっても楽しい、人間関係の良い事務所にする!」と固く決意して作ったのがベンチャーサポートです 融資では日本政策金融公庫・みずほ銀行など、トップクラスの実績があるからこそできた特別な提携先あり
(面接・説明会は東京以外でも可) 勤務時間 9:00~18:00 (60分休憩 他では決して学ぶことができない、実務ノウハウがたっぷり詰まった質の高い研修内容です
もちろん高給をもらえるホワイト企業もありますし、薄給なブラック企業もあるでしょう 『お客様に求められるサービスを提供して、それによる収益を最大限にスタッフに還元していく』 これもすべて人にフォーカスしてきたから実現できたものであり、サービス業として当たり前のことをしてきた結果でしかありません
女性は、ジーンズはNGですが、別にスーツでなくても構いません さらに顧客紹介、生命保険契約獲得、オフィスMVP各賞などにより年間100万円以上のインセンティブを手にする人も少なくありません
退職金制度、フレックスタイム制、産休・育休実績多数) これだけの規模ですので、個人の会計事務所のように一人に重い業務負担がかかることもなく、プライベートも大切にできます もちろん、退職金制度や資格応援制度、休暇等の待遇も十分に整っています
それよりも資格を取った後に何をするのか?資格を取っても勉強を続けられるか?が大事だと・・・まるで自分に言い聞かせてるようですが とはいえ、デビューしたての頃は先輩方も一緒に同席して優しくサポートしてくれるので心配は無用です
その他、フレックスタイム制度あり。 女性の方の場合、このような方向を選ばれる方が多いというのも事実です。 特に、会社設立後の「融資」「節税」「助成金」には力を入れています。 規模が大きければ、確認すべきポイントも増えますし税務リスクも高まります。 創業融資や助成金、役員報酬のシミュレーションなど税務に関連する専門的なノウハウはたくさん学ぶことになります。 そのためには、先生業ではなくサービス業として税理士業務をしなければいけません。 年に1回しか会わず、1年分の大量の資料を急いで入力しなければいけないということはめったにありません。
50