ステークホルダー 意味。 ステークホルダーの意味

・・ 脚注 [ ]• 「社会を変化させるには、政府や企業、大学やNPOなど多様な領域のステークホルダーが一体となって改革にあたることが求められる」 「ステークホルダー」の語を使ったビジネス例文• 純粋な「利害関係者」という意味で、一般的な言葉として使われることはあまりありませんが、社会問題や環境問題の話題などにおいて、全ての関係者という意味で、次のように使われることもあります 常日頃から組織に関わるあらゆる要素に対して強い関心を示し、活動全体を俯瞰的に捉えながら少しずつリストアップしておくことで、必要時に間接的ステークホルダーの洗い出しや見極めを行うことができるでしょう
【間接的ステークホルダー】 組織の活動に対して直接的な影響を与えませんが、従業員の家族や労働組合など、間接的に相互作用関係にある人や団体のことを指します 消費者• この記事のハッシュタグ• ステークホルダーの理解を深め、使いこなせるようになりましょう
ステークホルダーの正しい使い方は文脈によりけり? ビジネスにおける利害関係者を意味する、ステークホルダー 動画をご覧いただくためのURLをご登録いただいたメールアドレスにお送りします
実際に大手企業の多くは、各ステークホルダーに対してさまざまな取り組みを行っている ステークホルダーのグループごとにタスク管理ツールを使い分けたり、頻度を調整したりすることで、ステークホルダーの理解を得て協力してもらいやすくなる
なぜなら、株主は株の値上がりや高い配当金を期待するでしょう 一方で、長期的にはステークホルダーのモチベーションが下がり、結果として企業価値が低下する恐れもある
ストックホルダーとの違い 「ステークホルダー」は「ストックホルダー」と間違えて使用されるケースもあります 活動実施状況を常に把握し、活動計画の内容と一致しているかを確認するとともに、 ステークホルダーへ与えている影響や効果がイメージ通りのものであるかを見極め ます
間接で関係するのは見つけ出すのが困難で、見落としやすいものですが、非常に「ステークホルダーの洗い出し」は大切な作業です 簡単にいえば、シェアホルダーもストックホルダーもステークホルダーの中の1つで、どちらも株主を指すときに使う言葉です
そのため、ステークホルダーの分析を行うことは企業経営に欠かせないと言えるでしょう 【人事担当は知っておきたい】ステークホルダーの正しい使い方の例(シーン別) ステークホルダーという言葉の意味はシチュエーションによって変わってきます
例えば、株主、社員、経営者、取引先、顧客などが挙げられます 掛け金を保有する、いわば投資者を指す言葉です
戦略や方針を説明する場面で用いられることが多く、ステークホルダーの利益を向上させる意味合いで使われます 企業は持続的な成長の基盤として、あらゆるステークホルダーと良好な関係を構築することが求められます
17
ステークホルダー同士の利害関係は必ずしも一致しない ステークホルダーとは、企業などの組織が活動を行うことで影響を受ける利害関係者を指します まとめ 今回はステークホルダーの意味や使い方について紹介しました
グロービス・ビジネスナレッジ• ステークホルダーは広義なため、種類を分けて考えることで自社のステークホルダーをとらえやすくなるでしょう 「ステークホルダーが積極的に発言することにより、企業の構造変化を促すことができる」 従業員は、活動規模や活動内容に対して直接影響を与えるステークホルダーである
こちらのコラムでは「ステークホルダー」の意味や使い方を紹介していきます ステークホルダーの直接的・間接的な関係を洗い出す ステークホルダー分析を行うには、まず ステークホルダーの直接的・間接的な関係を洗い出します
組織はステークホルダーに対する責任を果たさなければならない• 「ステークホルダー」とは、英語の「stakeholder」が語源で、日本語では「利害関係者」と訳されます ステークホルダーとは何?語源や意味をわかりやすく解説! はじめに、ステークホルダーの由来と正しい意味を解説する
ステークホルダーとの関係改善に努めよう この例文も、シチュエーションによってステークホルダーの意味が変わってきます 例えば企業全体に関わる課題について話している場面では、利害関係者すべてを総称していることが多い
利害関係者というと、金銭的な関係があるクライアントや従業員、株主などが思い浮かびますが、ステークホルダーは企業活動によって影響を受けるすべての相手に対して使う言葉です は、を重要なとている
36