東武 伊勢崎 線 路線 図。 東武伊勢崎線 路線図

このマークのカラーは旧来のラインカラーを引き継いでおらず、駅名標や路線図も2018年3月の大津市内の一部駅の名称変更に合わせて京阪線と同じ仕様となり旧来のカラーは淘汰されている
を渡ると栃木県に入り、田園地帯に入る 土休日ダイヤの押上駅 - 曳舟駅間の下り終電を約20分繰り下げて、押上駅0:12発とする
羽生駅の北側でを渡るが、利根川橋梁は単線のが並列しており、上り線の橋梁は複線化の時に建設された 2018年4月1日廃止
請地駅(業平橋駅 - 曳舟駅間)開業 その後の混雑緩和と設置に伴い、に全列車が20m級4ドア車7両編成に置き換えられた
アクセス• 押上駅は(東京メトロ)の管理駅のため、東武鉄道のラインカラーは駅番号のシンボルマークにとどまっている 土休日ダイヤの浅草駅 - 北千住駅間の下り終電を約14分繰り上げて、浅草駅0:09発とする
2016年4月21日閲覧 半蔵門線直通列車が乗り入れる終着駅であり、日中の運行系統も特急列車を除いて久喜駅を境に分断されている
しかし、2003年3月19日のダイヤ改正にて業平橋駅発着列車(10両編成以外の列車も含む)が全廃、南側の運行区間が北千住駅までに短縮され、2013年3月16日のダイヤ改正によって10両編成での運行が全廃された 沿線開発が進むにつれては激しく混雑するようになり、特に北千住駅では準急列車と日比谷線との乗換客の列でホームが埋め尽くされる事もあった
()発生 野州山辺駅開業
2013年3月16日以降は前述の通り最大でも8両編成での運行であるが、準急時代の1986年8月26日から2013年3月15日まではラッシュ時に10両編成での運行もされていた かつてが登場直後に充当された種別でもある
改称前の駅名だったは駅の西側に広がっていたが、老朽化に伴い建替事業が行われている 9月1日 牛田駅開業
18
加須市• (昭和30年) 鷲ノ宮駅を鷲宮駅に改称 大阪環状線用に製造された323系
2016年3月26日時点のよりアーカイブ 北千住駅 - 竹ノ塚駅間の下り終電を約6分(土休日ダイヤは約5分)繰り上げて、北千住駅0:34発とする
下りは回送の措置が継続される (大正15年)• との接続が図られたダイヤを組む
曲名は『Passenger』 2016年4月21日閲覧
これが一段落したのが1997年(平成9年)であり、北千住駅の立体化と越谷駅までの複々線化が完工し、私鉄最長の複々線を持つ路線となった その結果、京成は1928年にが起きて乗り入れを断念し、当路線が1931年(昭和6年)に浅草雷門駅(現・浅草駅)への乗り入れを果たした
36
快速・区間快速がとうきょうスカイツリー駅に停車 駅名標には岩国駅の山陽本線・岩徳線ホームを除いて反映されていない
詳細は各記事を参照 - (2011年1月4日閲覧)• 東京メトロ日比谷線・東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線・・との相互直通運転および特急列車を含む全列車が運休
このダイヤ改正前に18m車体の20000系が運用から離脱したことにより一般列車がすべて20m車体に統一され、北越谷駅を皮切りにホームドアが整備されている 岡山支社は対象区間を「 - 岡山」と扱っているが、公式サイトの全域路線図においては近畿統括本部管内の天和駅と備前福河駅も包含されている
通勤準急を新設 IGRいわて銀河鉄道 [ ] ブルー 仙台空港鉄道 [ ] ブルー 関東鉄道 [ ] 列車種別案内色 快速 普通 富山地方鉄道(鉄道線) [ ] かつて路線案内色は完全に統一はなされていなかったが、2019年の導入に伴って路線別の色分けが改めて制定された
(明治33年) 竹ノ塚駅開業 3月16日にはまで相互直通運転区間が延長された
や(東武アーバンパークライン)などを含めて(路線群)を構成する路線の一つで、(東上線)とともに東武鉄道の主要幹線である (昭和20年)• を地上で立体交差し、進路を北に変えるとと立体交差し、と並走してに至る
賃貸物件• 乗換路線 乗換路線はありません• 浅草と日光および福島を結ぶ料金不要の長距離列車として50年以上走り続けてきたが、2017年4月21日の特急「リバティ」運行開始に伴い廃止された 西新井駅 - 草加駅間複線化
2013年3月16日より快速や区間快速とともに停車駅となったが、日中の運転本数が1時間に1本から2時間に1本に削減された 4月1日 松原団地駅を獨協大学前駅(副駅名:「草加松原」)に改称
(大正7年)3月27日 全線をによるに指定 7月23日 東武和泉駅 - 韮川駅間高架化
再度進路を北に変え、と立体交差するとであり、待避線を有する 昼間時間帯の浅草駅 - 久喜駅間は廃止 となり浅草駅 - 竹ノ塚駅間の普通列車に格下げされた
40