進撃の巨人 ネタバレ 121。 『進撃の巨人 30巻』ネタバレ解説!あらすじから結末まで!|よなよな書房

一見すると氷の様だがその実体は地下のガスが凍ったものであり、常温では体積が200倍にまで膨張する。

戦死率の高さから慢性的な人材不足が続いており、常に新しい兵士を求めている。

他にも「南方から現れる」「人間を喰らう」「人間以外の生物には興味を示さない」などが判明している。

遠征以外にも、巨人の捕獲および生態調査も担当するなど、未知の領域に臨む任務が多いためか、型破りで変革の気性に富んだ個性的な面々が多い。

自分は壁の外から来たエルディア人で、あなた方と同じユミルの民だと名乗るグリシャ。

この中で始祖ユミルは大地の悪魔と契約し能力を手に入れたことになっています。

ミカサのことで、このマフラーは捨ててほしいと・・・話していましたと伝えるルイーゼ。

そこは全ての道が交わる座標で、ジークは鎖で首輪をされて座っていました。

presentation-wrapper-fullscreen. その正体は巨人の脊髄液で、「ユミルの民」がこれを摂取することで無垢の巨人となる。

62