システム ストレージ と アプリケーション を 最適 化 中。 Fire TV Stick システムストレージとアプリケーションを最適化中

PCでも環境の違いが問題になることがあるが、モバイルアプリはその比ではない。

多くのストレージ製品は、4 KB のブロック・サイズに最適化してカタログ・スペックを示していますが、4 KB を扱うアプリケーションはほとんどありません。

DQLEN(Device Queue Length:対象 LUN の Queue Depth の上限)を見ると 32 となっており、33 番目以降は待ち状態になっていたのです。

あらゆる面において、一般的なオールフラッシュストレージ製品とは一線を画すOracle FS1。

Amazon Fire HD 8を毎日のように使っていると、動作が重くなることがある。

詳細については、「」を参照してください。

同社は当時、サーバー仮想化や Oracle Database でラック 5 本分のシステムを運用していました。

今の所、最高です!切り替えも早いし安定している!気になっていたFire TV Stickでも問題なく使えてい Fire TV機器が不調となった場合、最終的に行うべきことが「工場出荷時の設定にリセット」、いわゆる初期化です。

8

これはかなり厳しい数字といえる。

便利な反面、テストや運用面ではこういったハードウェア的な側面がハードルをあげているのだ。

Device Queue Depth Limit• 10分以上待っても、全然ステータスが変わらないので、調べて対応してみた。

ちなみに有線LANの光回線環境では10分もかかりませんでした。

同一の分類の中では類似のポリシーで管理していくようにする。

それが、高密度データ圧縮ソリューション「Oracle Hybrid Columnar Compression(HCC)」だ。

特にバックアップは、重要な要素の 1 つです。 新たな機種がどんどん投入されるし、OSのバージョンアップや仕様変更も頻繁に行われる。 コストに関しては120台の2ソケットサーバと既存ネットワーク、ゲートウェイ製品、各種サポート料金を合算した金額で試算している(日本IBMの発表資料より) 現在、ハイパーバイザとしてはVMware向けのみの展開であるが、今後はこれをKVMやHyper-V、System zなどにも展開する計画がある。 最後に「システムストレージとアプリケーションの最適化」が始まり、完了するまでに約10分かかります。 日本ヒューレット・パッカード株式会社 シニアコンサルタント 小宮山晃氏 アプリケーションライフサイクルの最適化と課題 実は、こうした流れは近年では特別なことではない。 ある国内企業の Oracle 環境の実データでテストしたところ、他社製品では 1 倍強~ 2 倍弱程度であったものが、FlashArray では 4 倍超の性能を示しました。 こちらの記事を参考にFire TV Stickの初期設定をしていただけたら幸いです。 実際、不具合が起こっているのだから Fire TV Stick の必要電力が足りないということで間違いはないと思います。 どうぞご覧ください。
13