千葉 県 鳥 インフル。 高病原性鳥インフルエンザについて~県民の方々へ~/千葉県

これらのすべての死体を検査することは困難です。 (2)同日、当該あひるについてインフルエンザ簡易検査を実施し陽性。 これを受け、県では令和3年2月4日から5日まで区域内の野鳥緊急調査を実施したところ、野鳥の大量死等の異常は確認されませんでした。 家畜保健所の簡易検査で陽性が確認され、11日に遺伝子検査の結果でH5亜型の高病原性鳥インフルエンザの擬似患畜を確認された。 検査優先種について 検査優先種に選ばれているのは、水辺に生息する鳥と鳥を捕食する鳥(猛きん類)です。 農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部 農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部 日時:令和3年1月21日(木曜日)(持ち回り開催) 5. また、感染した鳥を捕食する種として検査優先種1または2に含まれないタカ目、フクロウ目、ハヤブサ目の鳥が選ばれています。 今後とも、本病に関する情報提供に努めますので、生産者等の関係者や消費者が根拠のない噂などにより混乱することのないよう、ご協力をお願いいたします。 担当者は「今後、鳥インフルが多発しなければ、卵の値段が急激に上がることはないだろう」とみている。
30 94