ひとつ づつ。 文化庁が定めた「づつ」と「ずつ」のルール

書き言葉などで使用する際には、特別なこだわりがない限りは「ずつ」と表記するようにします。

さて、そんな語源を持つ「づつ」は長い間正式な使い方でしたが、その状況は戦後の昭和21年に大きく変わります 濁点の付け方を悩んでしまう文字の直前にある平仮名に「ち」や「つ」が使われている場合は、「ぢ」や「づ」を使った方がいい言葉かもしれません
一方、「ずつ」は現代仮名遣いで、一般的には正しいのはこちらだとされています 熟語を一度分解したり、熟語になる前の元の音を確かめたりすると上手な使い分けができそうです
」という風に、「づつ」も許容範囲であると思うといいかもしれません 多少声も掛けているかも
「ずつ」をお勧めします そして、「ひとりずつ」など「現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等」は「『じ』『ず』を用いて書くことを本則と」することになっています
近寄りすぎません この時、 「ぢ」と「づ」は誤用で「じ」と「ず」が正しいとされました
「ずつ」と「づつ」の意味 基本的に「ずつ」も「づつ」も同じ役割を持つ言葉です また一つの文面では「ずつ」を使い始めたら、最後まで「ずつ」だけを使うように統一するのがいいでしょう
そのため、法令、新聞、公的な書類などでは「ひとつずつ」の方を使うようにしましょう
例えば、「手作り」という言葉をひらがなで表記する場合には「てづくり」となります 迷ってしまったときは一度言葉を分解してみましょう *** 日本語には音だけでは判断できない言葉が多くあります
1 ある数量を等分に割り当てる意を表す 「ひとつずつ」と「ひとつづつ」の使い分け方 「ひとつずつ」と「ひとつづつ」は、どちらも一ずつ割り当てることや一ずつの量を繰り返す同じ意味を持つ言葉ですが、使い方に少し違いがあります
「ずつ」と「づつ」の漢字表記 「ずつ」や「づつ」はひらがなで表記するのが一般的ですが、実は漢字表記することができます 「現代仮名遣い」とは、 歴史的仮名遣いを現代語の発音に基づいて 書き方を定めたもののこと