安倍晋三 不妊。 安倍昭恵夫人に子供いない原因は諦めたから?姑と不仲も不妊症に影響か?|Media Sunshine

離婚ができるならとっくにしてるよ。

安倍昭恵さんは「困難な状況にいる子どもにとって生きていく希望になる」ことが自らの生き方だと語っています。

3年間神戸製鋼所に勤務し社会経験を積んだ後、 1982年、その当時外務大臣だった父親である 安倍晋太郎大臣の秘書となります。

しかし当時はおそらく、まだまだ「女は子どもを産んでこそ」という固定観念が強かったため、周りからのプレッシャーは相当なものだったはずです。

このアベノミクスという言葉はメディアでも多く取り上げられ、2013年には 新語・流行語大賞に選ばれましたね。

一方、昭恵さんの実家である森永製菓も創業以来最も過酷な時期を迎えていました。

安倍晋三と安倍昭恵の馴れ初め 安倍晋三首相と安倍昭恵さんは、 1984年に共通の知人の紹介で出会います。

また、映画鑑賞、食事、地元山口への帰省なども共にするなど、一般的な夫婦そのものと言えます。

「潰瘍性大腸炎を患いながら妊活を同時進行したい」「自分の夫が実は潰瘍性大腸炎だが、薬だけ服用し食事はどうしてよいかわからない」など、同じ潰瘍性大腸炎でも悩む方向は様々です。

「8歳も年上の自分をずいぶん待たせるな」と、初めはむっつりしていたことを安倍晋三さん自身も当時のことを振り返っています。

安倍総理と昭恵夫人の間に子供ができなくても、お兄さんに子供がいる事で安倍家の血筋が途絶える事はありませんが、この先、安倍晋三さんの子供をめぐって、まだまだストーリーは続くのかもしれません。

さて、帰国した安倍晋三首相は、大手鉄鋼メーカーである 神戸製鋼所に入社します。

15 18