ダイエー。 イオンが成功し、ダイエーが失敗した「成功体験」のワナ(佐藤 優)

[ — ] 旧:シズオカヤ・ディー・ハイパーマートなど 8001 -? この番号を見れば、ダイエーの出店軌跡が分かるだけでなく、業態転換などの扱いがどのようになっているかも分かるようになっている。

- 本社機能を東京都江東区東陽2丁目2番20号に移転。

ロゴの中に2005(平成17年)まで使用していた2代目のCIが使用されている。

2018年3月31日まで使用されたダイエー独自としては最後のPOSシステムは、2006年4月から2007年3月までに導入された(引き続き、グルメシティ地域子会社に同じシステムの導入が進められていた)。

食品専門のプライベートブランドだったが、トップバリュの導入で消滅した。

また初代のデザインは、Century(セリフ)書体で「SAVINGS」の文字が縦横に繰り返し書かれたものが背景となるデザインであった。

3月 - フランスの大手百貨店「」と提携調印。

11月 - 川口店を開店。

またのダイエーグループの他ブランド名のスーパーなどやイオン系の食品スーパー担当子会社 も順次ダイエーに統合。

39
子会社での小売事業を行っていた株式会社ロベルトを吸収合併。 ダイエーグループ各社の本社も、関東を商圏としないなどの一部の法人を除きここに集結した。 2015年9月1日付で、札幌円山店を除く北海道内のダイエー8店舗とカテプリ新さっぽろの計9店舗を株式会社へ、北海道内の「グルメシティ」6店舗とダイエー札幌円山店の計7店舗を株式会社へ、名古屋市内のダイエー5店舗を株式会社へ、吉塚店を除く九州地区の「ダイエー」24店舗を株式会社へ、九州地区の「グルメシティ」13店舗とダイエー吉塚店の計14店舗を株式会社へそれぞれ承継。 7000 -? 流通センターや食肉加工センターを併設。 3月25日 - ダイエーグループ再生3ヵ年計画発表。 3月7日 - 支援スポンサーが「」、「株式会社アドバンテッジ・パートナーズ」に決定。 「週刊ダイヤモンド」1984年7月21日号に掲載されたダイエー創業者、中内功(1922年8月2日~2005年9月19日)のインタビューである。 4月15日 - 「ダイエーローソン株式会社」(の前身の一つ)を設立し、 業界へ進出。 1999年財務再建のため,多角化部門を持株会社の傘下へと分離を進めた。
96
6月20日 - レインボー作戦(首都圏本格進出の基本戦略)の拠点となる原町田ショッパーズプラザ(原町田店)を開店。 3月1日 - 「株式会社ロベリア」と「ジョセフ・マグニン・ジャパン株式会社」が合併。 11月16日 - 「カット&プラス」(健康志向食品)発売。 6月28日 - 1号店「エキゾチックタウン店」を開店。 全店で介助犬の受け入れ開始。 2006年3月から使用開始。 のの流通・小売業界を発展させた代表的な企業としても知られ、やを日本で初めて導入した。