歯科 矯正 ビフォー アフター。 第12回 治療経過1年ビフォーアフター

上顎の前歯の傾きがなくなったことで、下顎の前歯との噛み合わせが自然な感じになりました。

矯正前の笑顔と今から3カ月前の笑顔はこんな感じでした。

ケース2 神奈川県・篠田さんの場合 before 上顎の前歯に隙間が多く、側切歯(真ん中から数えて2番目の歯)が矮小歯とよばれる小ぶりの歯になっています。 ケース11 鳥取県・藤外さんの場合 before 上顎の中切歯(真ん中側の歯)がかなり前に向かって傾いており、下顎の前歯と全く当たっていません。 ケース15 島根県・細山さんの場合 before 上顎の前歯がデコボコとしています。 」と考えて、ケネディーに矯正治療を受けさせたというエピソードがあります。 。 出っ歯は歯列矯正をすれば治せますので、ぜひ早めに治して、悩みを解消してください。 前歯を引っ込めるためにはまず、小臼歯という前歯と奥歯の間にある歯を抜きます。

そのために隣の歯の前方への傾きの強さが強調され、より出っ歯な印象になっています。

(変化としては矯正治療と別に金属の詰め物を白くセラミックに治療しました。

出っ歯は前に飛び出した前歯をひっこめることで治りますが、実際の術前・術後のビフォーアフターの写真を見ないことには、どのようになるのかイメージがわかない人も多いでしょう。

それが!それが! ついに、完全に埋まりました!! 八重歯がすっぽり下りてきてくれました。

あんなに「あっちゃこっちゃ」だったのに。

まだまだ先は長そうですが、だいぶ隙間が目立たなくなってきたので変化を実感しています。

そこが気にならず、矯正器具をどうしてもつけたくなかったり、長期間の矯正治療が難しいという方にはセラミック矯正はおすすめできるでしょう。

69