初節句 女の子 衣装。 女の子の初節句に着せる衣装は?着物の場合とドレスの場合のおすすめ

また、「ひとりの相手と永遠に仲良く過ごせるように」という願いが込められているそうです。

初節句の頃の赤ちゃんの食事は離乳食ですので、潰した野菜を菱餅風に盛り付けたり、いつものおかゆを野菜ペーストで彩りよくしたりすると、お祝いにふさわしい食事になります。

そして赤ちゃんを中心に、ご家族と双方の祖父母、そしてご親戚等も一緒に楽しい思い出に残るひな祭りのお祝いをしましょう。

ちらし寿司は見た目も華やかなので、初節句のお祝いにぴったりかもしれませんね。

菱形は、菱の実、家紋や心臓の形などのいわれがあります。

お店によっては、端午の節句にふさわしいメニューを提供しているところもあります。

料理を作る時間や片づけの時間を短縮することができるので、赤ちゃんのお世話に集中することもできそうです。

女の子の場合は、生まれて初めての桃の節句である3月3日に行います。

寝たままでも着替えができるように、簡易化されているだけでなく、カラーや柄も可愛らしく、赤ちゃんにもピッタリの雰囲気です。

一般的には、桃の節句 上巳の節句 が終わったタイミングや、春分の日をきっかけに、飾ることが多いようです。

27

雨水は一般的に、2月19日頃とされています。

ロンパース お世話のしやすさや動きやすさを重視する場合や、お祝いをする場所によってはロンパースでもよさそうです。

お祝いの席の衣装はどうする? 女の子の初節句では、赤ちゃんを着飾ってあげたいですよね。

ただしホテルや料亭など、格式の高い場所での食事の場合はダークスーツで臨むのが好ましいです。

子供にも、着物やドレスなど、おしゃれな服装を用意してあげると良いでしょう。

お雛様とおなじ十二単風のロンパースや、羽織袴風のロンパースなど様々な商品が手ごろな値段で販売されています。

お祝いの当日、娘が歩いても着崩れることなく、夫の両親からも『よく似合っているね』と評判だったので、ドレスを選んでよかったと思いました」(生後11カ月のママ) よちよち歩きの赤ちゃんが歩きやすいよう、足元にゆとりのあるドレスを選んだというママの声がありました。

初めてのことでわからないことだらけ……という人は、ぜひ参考にしてください。