オーマイ ボス 恋 は 別冊 で。 オーマイボス恋は別冊で|9話 ネタバレ*感想【潤之介の元気でね(涙)】|DRAMARC

75
そこで宇賀神は麗子に備品管理部から編集部に戻るよう打診するのだが、麗子の気持ちは変わらず……
撮影スタジオでは、カメラマンや関係者がすべて潤之介に見えるという状態に陥ってしまう💦 一方、父・勝之介 宇梶剛士 と共に取引先との挨拶回りや商談など、多忙なスケジュールをこなす日々を送る潤之介 仕事を通じて成長しつつある奈未に密かに想いを寄せており、雑誌撮影の場で潤之介が奈未との交際宣言をした際、少なからず動揺し、奈未を泣かせることがあり、彼女に対して気遣いが足りないと感じている潤之介に対し、自分も奈未に恋愛感情があることを告げ、編集部で一人残業をしていた奈未の悩みを聞き「俺…、お前のこと好きだわ」「俺ならお前のこと泣かせない」と告白したが、奈未にフラれてしまう
成り行きで潤之介に選んでもらったに父がの前祝いにプレゼントしたとのコーディネートで備品管理部の就職面接を受けに来た奈未の後ろ姿を目撃し、そのコーディネートがチグハグで奈未はファッションに興味がないと直感したことから、ファッションに気移りせず仕事に集中できると考え、麗子の雑用係への採用を決めている 「鈴木書店」を経営しているが志望で家族に苦労をかけ続けている
奈未たちから何度も編集長への復帰をお願いされ、奈未に渡された『MIYAVI』のゲラ刷りを確認したことで、自分がファッション業界を志す切っ掛けとなったファッション誌から夢を与えてもらった当時の気持ちを思い出し、夢を与える仕事をしていた雑誌編集者としての情熱を取り戻し、吸収合併後の新生「MIYAVI」創刊号の編集長として復帰する 本当に楽しそうに仕事をするところにその秘訣があるのかもしれないなと思いました
『MIYAVI』の対談企画を受けることになり、宿泊先のホテルに対談の時に着用するドレスを届けに来た奈未を昼食に誘い奈未の恋の相談に応じ、恋する相手が潤之介であったことを確信し、後日恋の進展を確認するため、奈未のアパートを訪問する あるアクシデントに見舞われるが、潤之介との運命的な出会いによって、なんとか面接を乗り切った奈未は、無事採用されたものの、配属されたのは備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部だった
加賀栞 - 太田夢莉• 手術をしたものの、プロとしてやっていくには厳しい状態であったが、夢に向かって頑張れたことで後悔はないと潤之介に告げ、カメラマンを辞めて家業を継いだ潤之介は後悔していないのかと問いかけ、彼にカメラマンを辞めた選択が正しかったのかもう一度考え直す機会を与える そして奈未が間違いなくその中心になりつつあるなと成長を感じ嬉しいです
麗子は廃刊の危機にあるMIYAVIを救うため、一発逆転の大勝負をしかけたのでした どうも間宮祥太朗です
と告げると、足早に居酒屋を出ていった 臨時で編集長となった半田であったが、写真のデ-タ-がネットに流出する事件が勃発してしまう
奈未のことは妹のように思っているようであったが、恋愛に軽薄なところがあり、ジミーチュウの新作発表レセプションパーティーで偶然奈未と会った際、婚約者のサリがいながら「付き合おう」「うまいことやるよ」と奈未を誘いパーティーから抜け出そうとするので、その場に居合わせた潤之介から制止されている そのまま、奈未は潤之介のニセ彼女として、麗子と絡むことになった
カンボジアに行くとこにしたのはとても驚きました 幼馴染の理緒に思いを寄せていたが、彼女が海外でヴァイオリニストとして成功する夢を追いかけることを応援するため、離別した
あれから麗子 菜々緒 が辞めたMIYAVIは、ブランドからの広告出稿の見送りが続出。 尾芦一太(おあし いちた) 演 - () 潤之介の専属カメラアシスタント。 奈未の交際相手を幼馴染の健也と勘違いし、健也が髪の短い女性と一緒に手をつないでいたと奈未に伝えるが、奈未はそのことを潤之介が理緒と一緒にいたと勘違いする。 一番広告料の高い表4(裏表紙)への広告掲載に6,000万円の広告費を支払っている。 上の3つのドラマのタイトルを組み合わせた感じが否定できません。 復帰当初から『MIYAVI』が軌道に乗れば編集部を去ると決めていたことから宇賀神に辞表を提出し、これからは自由に作りたい雑誌を作ることを告げ、これからはちゃんと人に頼るようにすると宣言し宇賀神に「私を支えてください」と自分の気持ちを伝え、宇賀神の「ビジネス面でなくプライベート面で? そのことを麗子に伝えて助けを求めますが、麗子はあなたたちの編集長ではないと言い放ってしまいます。 このピンチを乗り越えるべく、奈未らは麗子に助けを求め頭を下げるのだが……。
97