パプア ニューギニア。 パプアニューギニア

雨期には川になるようなデコボコ道を四輪駆動車で分け入っての取材だった。 (一部が参加) - 司令官:大将• 戦争中20代後半だったマンピー・ワサさん(男性)は妹とともに、伏し目がちに、こう語った。 8月4日には日本軍の食糧・弾薬は尽き、各歩兵連隊の兵力は100名以下にまで損耗した。 7月21日 - 日本軍の南海支隊先遣隊がするためブナに上陸• には、の伝統があり、植物あるいは動物の形で祖先の魂を表わしている。 ミサピの士官(牧師)であるマイケル・ヘムノ大尉とCAREの現場担当者ダニー・グレンドゥムが戦闘地域を訪れ、平和というものが持つ潜在力について人々の関心を高めたのであった。 荷物が厳しく制限された結果、300冊の聖書がミサピから村人たちによって3日間の徒歩で運ばれた。 ウェワク地区での自活とオーストラリア軍との戦い [ ] アイタペ決戦に敗れた第18軍はウェワクへ後退した。 気候 大半が熱帯雨林気候。 高山部分以外はに覆われており、セピク川とフライ川を囲んで湿地が広がる。 1943年9月22日、オーストラリア軍第9師団の第20旅団がフィンシュハーヘン北方のスカーレット海岸(アント岬)に上陸した。
67 19